クラクラに夢中でくらくら~

とてちのクラクラを愛する方の為の秘密基地です。

クラクラ聞く小説「バルキリーちゃん。」の完結を迎えて

2016
25


ほいほーいとてちです。
先日クラクラ聞く小説第1弾である「バルキリーちゃん。」の最終章をリリースいたしました!
この度コラボしていただいた、バタツさん、ゆきちさん、Kさん、アスさんに感謝申し上げます。

バタツさんの「バルキリーちゃん。」に出会ったきっかけは夏に行われた″クラクラ書評コンテスト″でした。
ダチヒロさんが主催されたこのコンテストで、題材となる小説をリストアップしている際に、私も以前に書いてみた小説があるのですが、それをご存知でしたバタツさんがダチヒロさんにご紹介してくださったのが、とても印象的で嬉しかったのを覚えています。
そんなこともあり、クラクラ小説を読んでみようと思って最初に読んだのが、バタツさんの作品「バルキリーちゃん。」でした。
私はあまり文を読む習慣がなかったのですが、クラクラの世界を描いているということもあり、この作品にどんどんのめり込んでいって、あっという間に読み終えた感じがしました。
そして心にじんわりするものが最後残っておりました。
その時の素直な気持ちを綴ったのがこちらの書評でした。




クラクラ界隈にはこんな凄い文章を書ける方がいるんだなと驚きました。
こんな素敵な作品を私なりに一人でも多くの方に知ってもらうために何か手段は無いかと考えたときに思い付いたのが、小説の"音源化"でした。
その提案をバタツさん(クラン:Don't attack meさん)に投げかけると、快く承諾してくださいました。

嬉しかった。

最初は動画にバルキリーのスクリーンショットの画像でも挿入すればいいかなと思っていたのですが、より作品を楽しんでもらうためには何か違う、作品にちなんだイラストがあったらきっと素敵だと思い、私のワガママでtwitterを通じて、クラクラ界隈でご活躍されている絵師の方々にご相談させていただいたところ、快く引き受けて下さったのがゆきちさん(クラン:雨天中止さん)でした。

嬉しかった。

他のコラボ作品なども製作されていたり、忙しい中イラストを描き上げて下さいました。初めてそのイラストを拝見したときもやっぱり、

嬉しかった。

以前にも私の小説の表紙絵を描いて頂いているなど、頭が下がる思いです。
当時の記事:[小説]王になると決めた青年

そのイラストを動画に挿入したら、絶対素敵になると確信した瞬間だった。
また、ゆきちさんの仲良しさんでありますK⊂((・⊥・))⊃さんとアスさんにも共同でイラストを描いてくださる運びとなり、それぞれのイラストは個性があって、それを見ているだけで楽しかったです。それを動画に挿入出来ると思うと、

ワクワクした。

そんな皆さんのご協力のお陰でこの度最終章までリリース出来る事が出来て、終わってしまう寂しさみたいなものもありましたがやっぱり、

嬉しかった。

この動画がバタツさんオリジナルの小説をまだ読んだことがない方にとっては、この動画で小説の方も読んでいただくきっかけに、既に読んだことのある方にとっては、また違った楽しみ方が出来る機会になれたら幸いです。
また、さらにクラクラに親しみがもてるきっかけになったらこの上ない幸せです。

自分が作りたかったもの以上の作品が出来上がったと思っています。
皆さん是非お時間ございましたら"聴いて""見て"下さい!

◆紹介ツイート



バルキリーちゃん。Hearingの動画はコチラから
◆1章


◆2章


◆3章

0 Comments

Add your comment